カリギュラ効果で自分の価値を高め恋愛に応用するテクニック

男性心理・心理学
30歳以上の女性は必ずご確認下さい
<今すぐ>無料で復縁鑑定します

・彼との復縁の可能性は何%?
・彼は私をどう思っているの?
・何をすれば彼と復縁できるの?


これらの悩みをココロの泉で解決します。

復縁業界で今注目のココロの泉で、あなたの復縁を最短で叶えるアドバイスをお届けしますので、この機会にぜひご活用ください。
※30歳以上の女性限定です
※結果はその場でわかります

「カリギュラ効果」は、メディアなどでも時たま取り上げられることがあります。

駄目だと言われるほど、やりたくなってしまうことを指しています。

この「<strong>カリギュラ効果</strong>」は、自己価値を高めることに使えます。

恋愛テクニックのひとつとして汎用していくことが出来るのです。
<h2>「カリギュラ効果」とは?</h2>
<h3>カリギュラ効果は心理用語のひとつ</h3>
「カリギュラ効果」とは、心理学用語のひとつであり、禁止されるほど逆にその物事が気になってしまう状態のことを指します。

「駄目と言われるほどやりたくなってしまう」ということがありますが、その心理に対する名称です。
<h3>非公開になった英語から来ている</h3>
「カリギュラ効果」の名称は、昔「カリギュラ」という映画が公開予定だったところからつけられました。

諸々の事情によって、映画自体が公開されないことになってしまいましたが、もう観られないという事実が、かえって人々の興味を煽り、どうにかして鑑賞したいという人がたくさん出ました。

「ないほど気になってしまう」という「カリギュラ効果」は、ここに由来していると言われています。
<h3>広告やマーケティングでも使用されるテクニック</h3>
「カリギュラ効果」は、恋愛だけではなく、ビジネスシーンにおいても多く使用されています。

情報を小出しにしたり、敢えて秘密にしたりすることで、人々の興味関心を煽ることは、広告業界やマーケティングなどにおいて頻繁に使用されているものです。

代表的なものと言えば、雑誌の袋とじがあります。

見られないようになっているからこそ、そこに何が隠れているのか気になってしまい、開けるために商品を購入してしまうでしょう。

「閲覧禁止」と書かれているアイテムがあれば、つい手を伸ばしたくなってしまう人は少なくありません。

これもまた、「カリギュラ効果」を狙った戦略のひとつなのです。
<h2>「カリギュラ効果」を恋愛に取り入れる方法</h2>
<h3>秘密を持つことで恋愛の駆け引きに</h3>
恋愛におけるテクニックとして、駆け引きはとても重要です。

気になっている相手を落とすとき、自分を好きになってもらうためには、繊細なやり取りが必要になってくるケースも少なくありません。

そんなとき、「カリギュラ効果」は重大な働きをしてくれることがあるのです。

「今は異性に興味がない」、「恋人はそんなにいらない」といったことを言いつつ、相手に対しては心を許しているような言動をとったり、「あなたみたいな人なら」といった言葉をかけたりしておくと、恋愛に発展させやすいでしょう。

拒絶と興味を絶妙なバランスでちらつかせるのがポイントです。
<h3>セーブをかけていることをほのめかす</h3>
「これ以上話していると楽しくてやめられなくなってしまうから」といったような、「これ以上○○してしまうと~」という続きをほのめかす方法は、相手の期待値をぐっとアップさせやすいです。

敢えて今、自分との関係をセーブしているんだなと感じさせることで、その壁を破るために相手のモチベーションを高めることも可能です。

次の展開にわくわくしてしまうような恋愛を演出する手助けにもなるでしょう。
<h3>敢えて褒めないという選択肢</h3>
複数人が集まった飲み会やパーティーなどのシーンにおいて、気になっている人を敢えて褒めないのも「カリギュラ効果」のテクニックです。

魅力的な人ほど、賞賛の台詞には慣れっこというものです。

あなた自身を強く意識してもらうためには、他の人と同じように接していてもあまり意味がありません。

敢えてみんなの前で相手を褒めることはせず、「どういう人なんだろう」という関心を引くように働きかけるのです。
<h2>好意に気づいてもらう効果は大きい</h2>
気になる相手の興味を引くことに成功し、デートのお誘いがあったとき、一度はお誘いを断ってみるのも方法のひとつです。

申し訳なさを出しつつ、「また誘ってほしい」ということをしっかり伝えます。

もちろん、ただ断りっぱなしではありません。

後日、自分の方から誘いなおしたり、次に誘われたときは絶対に時間を作るようにしたり工夫してください。

「今度こそデートしたかったから」といった一言を添えて、無理にでも時間を作ったと感じさせるのもテクニックのひとつです。

断ったことで少しだけ不安にさせたあとだと、喜びは倍増しやすいです。

「ここまでして自分に会いたいと思ってくれているんだ」と好意に気づいてもらうきっかけにもなるでしょう。
<h2>まとめ</h2>
いかがでしたか?駄目と言われるほど気になるのは、人の心理として当然のものでもあります。

「カリギュラ効果」は、ビジネスシーンをはじめとして、プロモーションなど日常の様々な場所で活用されているテクニックです。

心と心の掛け合いが必要になってくる恋愛シーンにおいては、特に取り入れやすいと言えるでしょう。

ただし、適材適所という考え方もあります。

ここで紹介したテクニックが、必ずだれに対しても有効というわけではありません。

相手のタイプやタイミングを考え、上手に交渉できるようにしましょう。

ステラ