元カレと復縁したいなら覚えておきたいメールのルール

復縁をしたいときにメールやラインはどの程度の頻度で送ればいいのでしょうか?あまり送りすぎてもうっとうしく思われるだけですし、あまり送らなすぎるのもさみしい気がします。

だからと言って感情のまま、欲望のままに連絡を取っても復縁がうまくいくとは思えないでしょう。

ここでは、 復縁したいなら知っておきたいメールの送り方とNGメール について説明します。

復縁をしたいならメールを送る時に気をつけることを知っておこう

復縁したいのであれば、連絡をとって相手の気持ちを引きつけることが大切になってきます。

しかし、闇雲にメールを送っても彼との復縁には繋がりません。

復縁に繋がるメールを送ってこそ、彼との復縁を成就させることができるのです。

ここでは、元カレと復縁したいのであれば覚えておきたい メールで最低限気をつけておくこと を紹介していきましょう。

メールの内容は端的に、ありきたりなことから始めよう

復縁したいのであれば、元カレに伝えたいがたくさんあって長いメールを送りたいという気持もあるでしょう。

しかし自分の気持ちを綴るような長いメールを送ってしまうのは、彼に面倒くさいと思わせ復縁を遠ざけてしまうのです。

贈るメールの内容は端的に
 「久しぶり、元気だった?」  などでいいのです。

まずはこのような端的なメールを送ることから始めていきましょう。

メールやラインを送る頻度は

メールし始めは 1週間に1度程度のやり取り で我慢しましょう。

復縁メールの送り始めはまだ元カレに友達とすら思われていないことが多く、何回もメールを送ってしまうとしつこいと思われて距離を置かれる原因となってしまうのです。

だからこそ、メールをし始めの頃は、もっとたくさん話したいという気持ちを抑えてメールの回数を週に1回程度に控えましょう。

自分の今の立ち位置によってメールの頻度を変える

元カレとの関係性によって メールの頻度 を変えるのも大切です。

元彼と今のあなたの関係性は何なのかを常に意識しながらメールでやり取りを行ってください。

例えば、まだ向こうの返事がぎこちないと感じていれば週1回のメールを続行、しかし返事が積極的に返ってきたり彼からも話題を振ってくるようになったら、週2回以上にメールの頻度を増やすようにしましょう。

このように自分から送るメールの頻度を元カレとの距離に合わせて変えることで、彼に居心地の悪さを感じさせなくするのです。

会話は自分から終わらせる

メールでの会話は自分で終わらせましょう。

自分から会話を切り上げることで、元カレに もっと会話したかった と思わせることができるのです。

この元カレの思いは復縁に直結します。

会話をもっとしたかったという不完全燃焼な思いは元カレにあなたを追わせたいと感じさせ、彼からメールを送ってくる可能性が高くなるのです。

だからこそキリがいいところで、返信をせずスッと会話を終わらせるようにしましょう。

復縁したいなら絶対NG!無視されるメールとは?

復縁したいならどんなメールを送ればいいのかを知っておくのも大切です。

しかし逆にどんなメールを送ってしまうと、無視されたり復縁が遠ざかってしまうのか知っておくのも復縁には同じくらい大切なのです。

ここでは復縁を成功したいのであれば、絶対に送ってはいけない悪いメールを紹介します。

重いメールは元カレを離れさせる

相手に重たさを感じさせるメールは元カレに嫌がられるメールの最たるものです。

沈んだ気持ちを綴ったメールは受け取った元カレも暗い気持ちにさせてしまいます。
重い内容のメールとは、例えば 別れた時のことを思い出させる内容  自分の悲しみや嘆きを綴った文章 です。

確かに悲しい気持ちを元カレに吐き出したいと思う気持ちは復縁したい女性の誰しもが持っているでしょう。

しかし、その気持ちを元カレに向けてしまえば、彼はあなたとの会話に気まずさを感じてしまいます。

その気持ちは復縁するどころか無視されることに繋がりかねないので、絶対に送らないようにしましょう。

親しく思えるメールばかりはNG

元カレとのメールはついつい付き合っていた頃の感覚で文体を選んでしまいがちですが、実はこれはNGです。

元カレとはある程度距離感を意識したメールを送りましょう。
元彼とのメールではたまに 敬語 を使うのがオススメです。

敬語の例としては、元彼が同意を求めてきた時に 「そうだね」 と返すところを
 「そうですね」 と返すと、元彼はあなたとの距離感を感じられます。

距離感を感じさせることで彼にあなたが復縁したいと思っておらず、自分との距離もきちんと測れていると思わせることができるのです。

さらに元彼がその距離感にさびしいと感じて相手からメールが来る可能性も高まります。

まとめ

ラインやメールは書き方、内容、頻度などで相手に与える印象が変わってきます。

ただメールを送るだけではなくどんな内容で送るか、どんな頻度で贈るかを意識すれば復縁に近づけることができます。

だからこそ、今回紹介したメールを送る時に気をつけることと送ってはいけないNGメールについてしっかり理解しておきましょう。

1通無料のメール相談