夫と別れたくない!離婚回避テクニック10つ

“「夫婦仲がなんとなくギスギスしてきた。」「離婚の危機かな?」と感じたとき、あなたならどうしますか?ここまで一緒に生活してきた夫婦ですので、できたら離婚はしたくないと思う方も多いのではないでしょうか。ですので、離婚を感じた場合は出来るだけ関係性の回復に向かえると良いですよね。今回は、そんな離婚回避テクニックをお伝えします。

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

離婚の予兆

夕飯が別々になる

夕飯が別々になり始めたら離婚の危機かもしれません。離婚の理由に生活リズムの不一致も挙げられます。

相手に自分の気持ちを伝えられない

相手に自分の気持ちが伝えられなくなってきたら、離婚の危機かもしれません。気持ちが伝えられなくなることで、相手との擦れ違いが起こりやすくなります。

女性がさみしがり屋

女性がさみしがり屋過ぎて、束縛し過ぎるのも問題です。旦那さんには旦那さんの都合があります。仕事のつきあい、飲み会などは大切な仕事の一部です。過干渉になり過ぎないようにしましょう。

口うるさく言ってしまう

口うるさくし過ぎると旦那さんも窮屈に感じてしまいます。

離婚の原因を紹介

性格の不一致

離婚の原因で一番多いのは性格の不一致です。貴方の常識が相手の常識ではありません。旦那さんの性格や考え方をちゃんと受け止める事から始めましょう。

浮気

旦那さんが浮気をした、またはあなたが浮気をしてしまった場合は離婚の危機になります。旦那さんが浮気をしてしまった場合は、貴方に魅力を感じなくなった場合と、ついはずみでしてしまった場合があります。貴方に魅力を感じなくなった場合は、自分磨きをしてメイクやファッションで手抜きをしていた部分を改めたり、いつまでも美しくいられる努力をしましょう。また、ついはずみでしてしまった場合は、男性はどうしても本能上浮気をしやすいものです。そこも理解して、あまり責めすぎないようにしましょう。
あなたが浮気をしてしまった場合は、絶対にばれないように気を付けましょう。もしバレてしまった場合は、本当に反省している事を誠意を持って示し、許してもらえる努力をしましょう。

DV、暴力をふるう

DV、暴力を振るう場合は我慢するのではなく離婚を検討しましょう。我慢して更に加速してしまったら大変です。DVや暴力の専門相談所も設けられてますので、そういった所に相談しましょう。

両親と仲が悪い

両親と仲が悪いと離婚になる場合があります。不仲の原因が改善できるものだったら出来るだけ早急に改善が必要です。どうしても改善が難しい場合は、距離を取って接するのも良いかと思います。

離婚回避テクニック10

1.旦那の気になるところを愛する
相手の気になる癖があると思いますが、そこを愛することはとても大切です。寝相が悪い、いびきが気になる、言葉やしぐさが気になるなど気になりだしたら、沢山気になるところはあるものです。ですが、その気になるところも愛することが大切です。

2.所有物を分ける
夫が使うもの、妻が使うもの、共有して使うものと、物でも所有者は異なります。それを混同させて、夫が使うものを勝手に使ったりしないように気を付けましょう。例えばですが、夫が使うもので思い入れがあるものを妻に使われていたら喧嘩の元になってしまいます。

3.夫婦で共有するものを増やす
家のものを出来るだけ共有することをお勧めします。共有できるものを、それぞれが自分用として持ってしまうと経済的にも良くありません。また夫婦で共有する意識が弱いと、別居に至りやすくなりますし、最終的には離婚に至ります。

4.感謝を伝える
ついつい長年寄り添っている夫婦だと、相手がやってくれて当たり前と思い感謝を伝えなくなってしまいます。そうなると、お互いに感謝が足りなくなっていき、配慮が出来なくなっていってしまいます。ですので、きちんとこまめに感謝を伝えるようにしましょう。

5.相手と本音で話し合う
熟年離婚で多いのは、相手と喧嘩したことの無いタイプです。意外かもしれませんが、ずっと我慢し続けて、熟年になって爆発して離婚ということになるのです。ですので、お互いに本音で話し合うことはとても大切です。

6.部屋の照明を明るくする
部屋の照明が暗いと暗い気持ちになりやすく、明るいと明るい気持ちになりやすいものです。ですので、暗い照明は使わずに明るい照明を使うようにしましょう。また薄暗いと相手の顔が陰になり、怒っていなくても怒って見えたりしてしまうものです。そこから関係性が悪くなることもありますので、照明を明るくすることも大切です。

7.言い方に気を付ける
相手が聞いて傷ついてしまう言葉は言わないようにしましょう。ついついこの位なら大丈夫かと思って言い方が雑になってしまう方がいますが、相手の気持ちを考えて言い方に気を付けるのはとても大切です。

8.早口で喋らないようにしましょう
口喧嘩は早口のイメージがありますが、口喧嘩をするから早口になるのもありますが、早口になるから口喧嘩に発展するのです。ですので、出来るだけ話し合う時はゆっくり話し、口喧嘩にならないように気を付けましょう。

9.買い物も、別々に行動する時間を設ける
買い物で常に一緒に行動していたら、妻の買い物に付き合っている夫は疲れてしまいます。ですので、買い物の時に見たいものが違う場合や別々に行動したい場合は、集合場所と時間を決めて別々に行動する時間も設けたら、自由になれますのでストレスが溜まりにくくなります。

10.マッサージをする
マッサージをすることで、お互いにスキンシップが取りやすくなります。ですので、疲れている様子が見えたら積極的にマッサージをしてあげましょう。そうすると、触れ合いの時間が多くなりますので夫婦仲が良くなっていきます。

まとめ

今回は離婚回避テクニックについてお話しました。些細なことのように感じられるかもしれませんが、その些細なことの積み重ねで関係性はつくられていきます。ですので、夫婦関係をしっかりと回復していきたいなら、その日々の些細なことから取り組んでしっかりと信頼関係を再構築してくださいね。”

※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<