復縁する為のメールやline(ライン)の返信にベストなタイミング

復縁したいという想いが消えない元彼から、連絡がくると嬉しいですよね。すぐにでも返信して話をしたいと思いますが、そこは一度落ち着きましょう。メールやラインが来たからといってなにも考えず返信を送り過ぎると、復縁のチャンスを逃してしまうかもしれません。タイミングを考えながら返信をして、元彼との距離を縮めていくことをおススメします。また、返信のタイミングは恋の駆け引きにも使えます。ここでは元彼とのメールやラインの返信タイミングについて考えてみましょう。

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

返信は早すぎないのが吉

一息ついてから文章を考える

久しぶりに元彼から連絡があった場合は、すぐに返信をしないほうが良いです。すぐに返信をすることで「まだ自分に未練がある」「付き合っている人はいない」という印象を与えやすいです。そのため、少し間を空け返信しましょう。間を開けるといっても、何日も空ける必要はありません。即レスになり過ぎないよう、30分から1時間ほど経ったら返しましょう。

少し時間を空けることで、元彼からのメールが来て嬉しくなった感情のままにメールをすることも防げます。落ち着いてひと息つきながら、どのような内容でメールを返すか考えましょう。

相手に合わせるのがベスト

ラインはメール以上に気軽に返信ができます。元彼からの返信がないのに、一方的にメッセージを送り続けるということだけはしないでください。返信をしたタイミングによっては、向こうもすぐに返せるとは限りません。おとなしく返信がくるのを待ちましょう。

返信にかける時間は必要以上に遅らせることはありません。相手に合わせて間隔を取ると良いでしょう。元彼が返信に1時間かかったなら1時間くらいしてから返信するということです。返信が早ければ5分、10分で返して構いません。こうすることで相手と同じテンションでやり取りを続けることができます。

元彼のline(ライン)が冷たい時の話題の盛り上げ方
元彼にラインを送ったら冷たい態度を取られて落ち込んでしまうことは珍しくないでしょう。 別れたあとに勇気を出して送った連絡に対して冷たく...

返信しやすいタイミングを狙う

相手の邪魔にならない時間

日中仕事をしている人なら、朝の慌ただしい時間や日中働いている時間、夜中の寝ている時間などにメールやラインを送っても、相手の生活をじゃますることになります。落ち着いてメッセージを読めず「後でまた読もう」と思っているうちに、返信を忘れてしまうかもしれません。

返信を送る時間帯は、元彼がゆっくりとひと息ついているときです。例えば帰宅して食事を終えた時間帯、20時から22時くらいの間帰宅途中電車に乗っているときなど。付き合っていたころの元彼の生活リズムを思い出してみましょう。ちょっとした気遣いで彼の印象が変わります。

深夜の返信は避ける

付き合っていたころは深夜問わずメールやラインをしていたと思います。しかし別れたあとも深夜遅く連絡をすると、相手の迷惑になったり警戒心を抱かせたりする原因になりかねません。いくら元彼のほうから連絡をくれたとしても、彼の真意は分かりません。返信のタイミングが遅くなりそうなら、日を改めて翌日にしましょう。翌日返信を返すときに「夜遅かったので」と一言理由を添えれば、彼が機嫌を損ねることもないはずです。

わざと返信を遅らせる

何度かやり取りを交わし、なにげない会話ができるようになったらわざと返信を遅らせるのも駆け引きとして有効です。数分置きでやり取りしていたところで、ぱたりと返信が来なくなったら元彼のなかに「どうしたんだろう?」という思いが生まれます。相手にこちらのことを意識させて気を引くわけです。1日くらい焦らしてもよいでしょう。

急な返信を要する話をしているときはやめましょう。何気ない会話の合間が良いです。そのまま連絡が途切れてしまうことのないように、少し間を空けたらまた相手にメールやラインを送りましょう。

この返信を遅らせる駆け引きは、あくまでも親しさを取り戻してから行ってください。久しぶりの連絡でまだお互い気まずい状態で行うと、いつまでも気まずさが抜けなかったり、連絡が途絶えてしまったりする可能性があります。焦らしや引きの恋愛テクニックの基本ですが、使いどころが重要です。

タイミングと内容の温度差に気を付ける

返信のタイミングに気を付けて、こちらは余裕のある素振りをみせても、内容がそれに伴わなければ意味がありません。異性の友達とやり取りをするようなテンションを保ちつつ、内容で復縁を迫る未練を匂わせないように注意しましょう。

一方的に自分の話ばかりせず、相手が興味のある話題を織り交ぜるなどの工夫も大切。さりげなく質問を織り交ぜることで、彼からの返信も来やすくなります。男性は意味のない会話を延々と続けるのを嫌う傾向があるため、なにげない会話のなかにも返信を促す質問を淹れると良いのです。あまりに質問攻めにするとうっとうしいと思われる可能性もあるので、バランスも注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。元彼とのやり取りで、メールやラインの内容はもちろん大切ですが、タイミングにも気を配ってください。駆け引きは苦手だという人は、無理に返信を遅らせるというテクニックを使う必要はありません。相手の負担にならないこと、相手が返信しやすい時間を考えるだけでも違ってきます。返信するタイミングに気を付けて、復縁のチャンスを作っていきましょう。

元彼とline(ライン)のアイコンを活用し復縁に近づける方法
最近は連絡を取り合うのにメールよりラインという人が増えています。 元彼とのやり取りにもラインを使っている人は多いでしょう。 復縁...
※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<