元彼に送るあけおめメールを復縁のきっかけにするテクニック

忘れられない元彼がいると、年末が近づくとあけおめメールを送りたいと思うのではないでしょうか?友達には気軽に送ることができる新年のあいさつですが、相手が元彼となると話は別ですよね。

まして別れてからろくに連絡も取っていない場合、いきなりメールを送ったら迷惑かもしれないと悩んでしまいがちです。

しかしあけおめメールは復縁に向けて久しぶりに連絡するなら、利用しない手はないチャンスです。

ここではあけおめメールを復縁のきっかけにするためのポイントをまとめてみました。

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

送りやすいあけおめメールできっかけづくり

別れた相手に久しぶりに連絡するとなると、なかなか勇気がいります。

相手にもこちらの未練を感じさせて警戒される可能性があります。

しかしあけおめメールは「新年のあいさつ」として送る理由があります。

別れてすぐはあまり連絡をせずに冷却期間を置くのが一般的ですが、あけおめメールなら新年のあいさつとして自然と送ることができます。

メールの内容は久しぶりということを意識しないで、さりげなく明るい内容にするとよいでしょう。

久しぶりなのであまり馴れ馴れしくしないほうが良いですが、内容が暗くならないようしましょう。

「あけましておめでとう」のほかには「久しぶり」「元気?」といったあたりさわりの文面から始めましょう。

ポイント
「今、仕事が忙しいけどやりがいがあって頑張っています!」といった前向きな内容や自分自身の成長を織り込むとよいでしょう。
元彼とline(ライン)のアイコンを活用し復縁に近づける方法
最近は連絡を取り合うのにメールよりラインという人が増えています。 元彼とのやり取りにもラインを使っている人は多いでしょう。 復縁...

メールやラインが返ってこない相手の場合は?

別れたあとに連絡をしても無視されたことがある相手の場合、あけおめメールはより緊張すると思います。

激しいけんか別れをしたなど、関係性がより悪い状態で別れた元彼へのあけおめメールは少し工夫しましょう。

個人あてに送るのではなく、知り合い数人を含めた一括メールを送るようにしましょう。

複数の知り合いとまとめて送ることで元彼を「その他大勢の一人」と見せて、相手への未練を払拭した印象を与えることができます。

ポイント
さらに、共通の知人との一斉メールだと、元彼のほうも周りを気にして返信をしてくる可能性が上がります。

元彼の性格によっては「一度にたくさん返信が来ても大変だろうから」と返信を返さない人もいます。

そのため、返信がなくても仕方ないという心構えでいましょう。

元彼のline(ライン)が冷たい時の話題の盛り上げ方
元彼にラインを送ったら冷たい態度を取られて落ち込んでしまうことは珍しくないでしょう。 別れたあとに勇気を出して送った連絡に対して冷たく...

あけおめメールのポイント

文章量は少なく

復縁したいという思いがあるとメールが長くなりがちです。

文章が長いメールというのは、こちらからの一方的な思いを相手に感じさせやすくなります。

気持ちの温度差に開きがあるほど長いメールは相手に「重い」という印象を与え、面倒に思われてしまう可能性があります。

相手の好感度を下げないために、文章が長くならないようにしましょう。

あけましておめでとうと伝えたあとは、なるべくシンプルに。

スクロールしないでもすっきり読みやすい4~5行程度の量にしましょう。

ポイント
少ない文章で簡単に伝えることで、「そういえば最近どうしているのだろう」と元彼が想像しやすく、元彼の興味がこちらに向くことでその後のきっかけとなります。
認知的不協和で恋愛を成功させる方法
どうしてもゲットしたい異性がいる場合、恋愛成就テクニックとして「認知的不協和」の有効活用がおすすめです。 あまり聞きなれないこの「認知...

タイミングはずらす

付き合っている当時は0時ちょうどにメールを送っていた人も多いと思います。

しかし復縁したい元彼に送るメールとして0時から1時間ほどの時間帯に送るのはNGです。

サーバーが混む時間帯ですし、必死さが出てしまいます。

ほかの人とのあけおめメールに埋もれてしまう可能性もあります。

また元旦は忙しい人も多いです。

忙しいタイミングに送ると返信を後回しにされ、そのまま忘れられてしまう可能性があります。

元彼がゆっくり過ごしている時間は人それぞれですが、元旦午後以降が無難です。

もしも復縁したいという未練が伝わっている場合は、三が日の間はメールを送らず、4日以降に送ることをおススメします。

こちらの好意が伝わっていることで元彼は「あけおめメールが送られてくるのでは」と感じているでしょう。

ポイント
そこであえて送らないことで元彼に「あれ?」と思わせこちらを意識させましょう。

関係性の良し悪しに関わらずに使える駆け引きの手段です。

アンカリング効果で恋愛を有利に進めるテクニック
「アンカリング効果」を知っていますか?無意識のうち誰しも行っていることがある作用のひとつです。 この「アンカリング効果」を取り入れれば...

メールの返信は期待しすぎない

返信がないと落ち着かないでしょうが、メールが返ってこないからと催促をすることは絶対にしてはいけません。

あけおめメールの返信は来なくても仕方ないとある程度割り切っておきましょう。

お正月は忙しく返信をする暇がないのかもしれません。

お正月特番を見ていたり、飲み会をしていたり、メールを後回しにしているのかもしれません。

ポイント
あけおめメールがたくさん届いていて、後から送ろうと思っているのかもしれません。
元彼に久しぶりに送るメールで復縁に近づく内容
別れた元彼ともう一度復縁するためには、まずは連絡を取ることから始めますよね。 別れてすぐは連絡を控えていて、いざ久しぶりにメールを送ろ...

まとめ

新年のあいさつという大義名分が得られるあけおめメールを送らない手はありません。

返信がない可能性もありますが、返信をもらうことを目的にするのではなく復縁のきっかけ作りと考えてください。

別れたときから成長していることや前向きな思いをさりげなく伝えることで、返信がない場合でも元彼に自分のことを考えてもらうことができます。

あまり難しく考えなくても、元彼に新年のあいさつをしたい思いがあればとりあえず送りましょう。

そこから次のステップに繋げて復縁を目指してください。

 

※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<