元彼にメール・line(ライン)を無視された…。無視する心理5つ

別れた元彼と連絡を取ることはありますか?別れても忘れられない相手と復縁したくて、メールやラインで連絡を取る人もいるでしょう。

しかし返事が返ってこなくて「嫌われた?」と悩んでいる人もいるのでは?ラインだと「既読無視」や「未読無視」という言葉があるように、相手が読んでいるかどうかも分かってしまい、かえってもやもやすることもあるのではないでしょうか。

そこで、元彼がメールやラインを返してくれない場合の相手の心理についてまとめてみました。

自分の状況に当てはまるものはないか、参考にしてください。

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

距離をおきたいと思っている

別れた相手と距離をおきたいと思っている場合、連絡を避けるのは当然の心理といえるしょう。

こちらに未練がある場合はつい何度も連絡しがちですが、自分が元彼の立場になって考えると分かると思います。

特に別れてすぐで気持ちの整理もついていない時期や、すでに別の女性に気持ちが向いている場合は、嫌われていなくてもメールやラインが返ってこない可能性が高くなります。

ラインをブロックされてしまう可能性もあります。

連絡が付かないとつい何度もこちらからメールやラインを送りたくなります。

しかし別れた後の冷却期間に無視されてしまったなら、少しこちらからも距離をおいて相手に気持ちを落ち着ける時間を作ってあげると良いでしょう。

ただ単に連絡を返すのを忘れている

男性の場合、女性よりもメールやラインの返信がマメではない人が多い傾向にあります。

女性はメールやラインでの会話をコミュニケーションとして利用する傾向があります。

特に女性同士のライングループでの会話は、普段のガールズトークをラインのなかで行っている感覚に近いでしょう。

しかし男性の場合は、ラインやメールを連絡のためのツールとしてのみ使う傾向があります。

連絡事項の確認などのツールとして捉えている男性は、「ラインでおしゃべり」という感覚があまりないのです。

そのため重要なものでないとあとで返信しようと思ってそのまま忘れられてしまう可能性があります。

元彼に嫌われていなくても返信がない可能性は大いにあり得るのです。

返信を返す必要がないと思われている

自己完結していて返信しづらい

送ったメッセージが自己完結していると無視される可能性が高いです。

メールやラインを連絡事項の手段と捉えている男性は、完結した内容のメッセージをみても返信の必要はないと思ってしまうわけです。

付き合っているときなら完結型の内容でも返信があるでしょうが、別れた相手となると別です。

興味がない話題

返信を求めていないような内容で、相手が興味のない話題だとなおさら返信率は下がります。

たとえば「今日は今話題の映画を観てきたよ。

楽しかった」と送ったとして、相手もその映画に興味があれば話が盛り上がる可能性がありますが、興味がない相手からすれば「なんでわざわざ報告してきたの?」と思われる可能性があります。

特に付き合っているときにメールやラインを送ったら電話で返してくるような男性の場合、メールなどのやり取りが苦手な可能性があります。

そういった男性ほど、意味のない会話だと無視されてしまう可能性が高くなります。

無視されてしまった最後のメッセージを読み返してみてみましょう。

返信がなくても問題はないものではありませんか?

しつこいと思われてしまっている

男性はメールやラインがマメでないとお話ししました。

そのため、返信がない状態でこちらから何度も送り続けると相手に「しつこい」と思わせる可能性が高くなります。

特に男性は仕事が忙しいときはマメに返信をする余裕がなくなります。

そのタイミングでしつこくメッセージを送り続けると、相手をイライラさせてしまいます。

自分の立場になって考えると、どうやって返信しようか考えているときや、忙しいとき、あえて返信を返さずにいるときに着信音が鳴り続けたらイラっとしてしまうことはありませんか?元彼のほうに好意がある場合でも、しつこい連絡でいら立たせてしまうと復縁が難しくなることもあるので気をつけましょう。

元彼も未練を抱いている

揺らいでいるせいで返信がない可能性

返信が来ないことが必ずしも脈なしとは限りません。

反対に元彼のほうも別れた女性に未練を抱いている、気持ちが揺らいでいるという可能性もあります。

元彼のなかでも「復縁したい」という思いがあるとき、連絡がきたら嬉しい感情が生まれます。

しかし「なぜ連絡をくれたのだろうか?」と、元彼のほうもいろいろと悩むでしょう。

よりを戻したい元カノからの連絡だからこそ、下手な返信はできないと判断して様子をみるために返信をくれないということもあり得ます。

しつこくするのは危険

この傾向は優柔不断な男性に多いです。

自分からグイグイといけないタイプの男性は、このような駆け引きでも一歩引いたところに落ち着いてしまいます。

元彼の性格を思い出してみて、付き合っている当時もこちらからリードしていた場合にこの可能性が高くなります。

こちらからまたメールやラインを送ることになりますが、この場合でもしつこく何度も送るのは逆効果になる可能性があります。

最初に無視されて一週間くらい待っても帰ってこない場合、新たに相手が返信しやすい内容で送り直すと良いでしょう。

まとめ

いかがでしたか?元彼の立場や、今の二人の関係性によっていくつかの心理が考えられます。

どのパターンにしても、返信がない相手に立て続けにしつこく連絡を取り続けるのは逆効果です。

こちらの未練を感じさせ、距離を置かれてしまう可能性もあります。

なるべく相手が返信しやすい内容を考えてメールやラインを送ることを心がけましょう。

そのうえで、返信のタイミングは元彼に合わせて、相手の負担にならないようにすると良いでしょう。

※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<