元彼への誕生日メールで復縁に近付ける連絡テクニック

復縁したい相手がいるとき、悩むのは相手にどのタイミングで連絡するかではないでしょうか?付き合っていたころのように、メールを送るのは逆効果ですよね。

相手の誕生日にも、メールを送っていいかどうか悩むところです。

しかし、誕生日メールは元彼との復縁のきっかけにもなるチャンスです。

ここでは元彼への誕生日メールを送るときのポイントを中心にお話しします。

復縁のチャンス作りに元彼への誕生日メールで復縁に近付ける連絡テクニックを参考にしてみてください。

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

誕生日メールを送るときの注意点

冷却期間を終えていないなら我慢する

誕生日メールは復縁のきっかけ作りになりますが、別れた直後は逆効果になることがあります。

特に元彼から降られている場合です。

別れてすぐは、元彼から悪い印象を持たれている可能性があります。

そのタイミングで連絡をしても返事が返ってこない可能性が高いですし、なにより相手に「未練がましい」といった印象を与えて警戒される可能性があります。

ある程度、元彼との関係性が回復してから送ったほうが良いといえます。

内容はシンプルに

女性は記念日を重要視する傾向にありますが、男性は比較的そうでない人が多いです。

なかには自分の誕生日をあまり意識していない人もいます。

そんな男性に対して、未練たっぷりの誕生日メールを送る、重いと取られる可能性があります。

そのため内容はあまり長文にならない、シンプルなものが良いでしょう。

誕生日メールの内容を考える

復縁については触れない

誕生日メールで復縁を求めることは避けましょう。

ここではあくまで復縁に向けてのきっかけ作りを優先。

相手へのお祝いのメッセージだけを込めましょう。

想いのあまり長文にならないよう、シンプルな内容にすることが大切です。

関係性を回復している場合

ある程度、気軽にやり取りできる仲になっているなら、これをきっかけに距離を縮める内容にしましょう。

「誕生日おめでとう。お祝いにおごるから食事でも行かない?」など、自然にデートに誘うきっかけになります。

ここであまり重くならず、友人としての軽めのノリで誘うと、相手も承諾しやすいでしょう。

ここでもあまり長文にならず、用件をシンプルに伝える内容にするのがおすすめです。

誕生日メールを送るタイミングを考える

日付が変わってすぐに送らない

付き合っている頃は相手の誕生日は特別で、日付が変わると同時にメールをしたこともあると思います。

しかし、復縁を考えているときはNGです。

つい相手に想いを伝えたくて送りたくなっても、がまんしましょう。

いかにもといった誕生日メールになり、相手に未練を感じさせて引かれる可能性があります。

また、昼間仕事をしている男性なら深夜0時は寝ている可能性もあります。

メールで相手を起こしてしまっては迷惑になり逆効果です。

朝や日中は送らない

朝は準備に忙しい時間ですし、仕事をしている時間も忙しくてゆっくりとメールを見ている余裕はありません。

さっと目を通してそれで終わり、ほかの人の誕生日メールに埋もれてしまうという可能性も大いにあります。

メールは電話と違い相手が好きなタイミングで見られるものではありますが、相手のことを考えて気配りを忘れないことも大切です。

一日の終わりがベスト

仕事が終わり帰宅して、一日の活動が落ち着いたころがベストです。

食事なども終えてゆっくりと落ち着いている時間をおススメします。

当然個人差はありますが、22前後が一般的には適切な時間といえます。

あえて翌日に送る

誕生日当日に祝いたいと思っても、あえて翌日にずらすのもありです。

特に、相手との関係性がまだそれほど回復していない場合、重たくならないように日を遅らすと良いでしょう。

翌日以降に送る場合は、「遅くなったけど」という文章は必ず入れましょう。

誕生日メールへの元彼からの返信

返信がない

誕生日メールの内容が、返信の必要がないものであれば返信がこなくても当然といった気持ちでいましょう。

返信がないからといって、しつこくメールを送ると逆効果です。

シンプルな返信がきた

誕生日メールに対して「ありがとう」と伝える内容の返信がくる可能性があります。

内容が返信を求めるものでなければ、返信をする必要はありません。

送る場合「どういたしまして」の一言で良いでしょう。

長文の返信がきた

相手から長文の内容や、疑問文の入った返信が来た場合は好感触です。

誕生日メールに対して、少なからず良い印象を持ってもらえたはずです。

この場合、またこちらかもメールを返すことで、連絡を取り合うきっかけとなります。

返信は相手がかけた時間と同じくらい空けてから返すのがポイントです。

相手の返信が遅いのに、こちらはすぐに返していると相手が疲れてしまいます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

誕生日という特別な日にメールを送りたいと思うのは当然のことです。

その想いを伝えると同時に、これから先の復縁に向けてのきっかけを作ることもできます。

誕生日メールが送れる状態であれば、積極的に活用しましょう!

※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<