振られた後の連絡のタイミングが復縁成功の鍵

一度はお互いに愛し合っていたものの、何かをきっかけに別れてしまうこともありますよね。

心の準備ができていなかった人ほど、どうしても諦めきれず「復縁したい」と思ってしまうものです。

振られたからと言ってすぐに諦めてしまう必要はありません。

振られても復縁することは可能です。

連絡のタイミングや方法、内容など復縁を成功させるポイントについてご紹介していきます。

参考にしてみてくださいね。

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

連絡のタイミング

1ヶ月は間を置く

別れた元カレと復縁したければ、別れてから1ヶ月は連絡を控えましょう。

このあなたから連絡を取らない期間は大切なポイントになります。

1ヶ月くらい連絡しないことで、彼の方から振ったとしても見捨てられたような気持ちになります。

このようなタイミングでアプローチするのが復縁を成功させるためには効果的です。

1ヶ月未満に連絡してしまうと彼に「うざい」、「重い」と思われ、ブロックされたり着信拒否されたりしてしまう可能性が高くなります。

連絡したくなるかもしれませんが、少なくとも1ヶ月は我慢しましょう。

そのほかにも連絡をするのにいいタイミングをご紹介します。

復縁するには連絡やメールを控え冷却期間を取るべき理由5つ
復縁をしたいのになかなかうまくいかないというときには、無理に彼との関係を修復しても難しいことがあります。 そんな時は焦ってアプローチを...

2人の記念日

2人の記念日まで待ちましょう。

2人の記念日の日までに外見だけでなく、内面も含めて自分磨きを行いましょう。

それまでは自分から連絡しないようにして、自分磨きに集中して、彼を振り向かせましょう。

服装、髪型などを変えたり、ダイエット、お肌や髪のお手入れなどをさらに頑張ってみたりして、彼に自分が変わったことを見せつけましょう。

そんなあなたが記念日を忘れずに待ち、連絡をしてきてくれたことできっと彼もあなたに振り向いてくれるはずです。

大切なのは外見だけでなく、内面も磨いておくことです。

自分がどうして振られたのか、彼に文句やわがままばかりを言ったり、束縛をし過ぎてしまったり自分の悪かったところを改善しておきましょう。

改善されていないと、もし復縁できたとしても「なんだ、何も変わっていないじゃないか」とまた振られてしまう可能性があります。

外見も大事ですが、自分の悪かったところを改善しておきましょう。

自分の状況が変わり自信がついたとき

ダイエットに成功した、綺麗になった、自分が悪かった点が改善できたなど、別れたときと大きく自分が変わり、自分に自信が持てるようになったときに、自分から連絡してみましょう。

男性は少し痩せた、少し髪型を変えたくらいでは気づかない人が多いです。

彼が「コイツ変わったな」と思えるほど、目に見えて変わったときに連絡しましょう。

また、彼と連絡し合う約束ができた場合は、今までのあなたとは違うよう演出しましょう。

「あのときはごめん」などと過去について話すよりも、未来について話す方が印象を与えることができます。

過去のことばかりを話すのは避け、変わったあなたを見てもらいましょう。

連絡の手段

連絡の手段は電話よりもメールなどで、「元気?」などと軽く送るほうがいいでしょう。

メールやSNSが主流の今だからこそ、彼の住所が変わっていないのであれば、あえて手紙を送るのも有効です。

手紙の方が相手に印象を与え、復縁が成功しやすくなります。

手紙は長文になり過ぎると重たく感じてしまうので、伝えたいことはたくさんあるかもしれませんが、できるだけ短くまとめるようにしましょう。

連絡の内容

彼を頼ってみる

彼が得意とすることを聞いてみましょう。

男性は電化製品などに詳しい人が比較的多いので、彼が答えられるような質問をしてみましょう。

「久しぶり、元気?○○くんパソコン詳しかったよね?ちょっと聞きたいことあるんだけど聞いてもいいかな?他に聞ける人いなくて」など「復縁したいから連絡したわけではない」と、すぐにわかるような内容の方が送りやすく返信もしやすいのでおすすめです。

共通の友達の連絡先を聞く

共通の友達がいるのであれば、「○○の電話番号がわからなくなっちゃったんだけど、教えてもらえる?」など、友達の内容であれば相手も警戒することなく、返信してくれるでしょう。

それから相手の反応を見てできれば「元気?」などと他の会話に繋いでみましょう。

彼に復縁したいという気持ちがバレないように注意しましょう。

気持ちがバレてしまうと、連絡が返ってこなくなったり、最悪の場合はブロックや着信拒否などされたりしてしまう可能性があります。

「久しぶり」と普通に送る

「久しぶり、元気?」普通ですが、軽く送ることができ、相手も軽く返せるのでスムーズに連絡を取り合うことができるでしょう。

そのあとの内容も「あのときは…」などと過去の重たい話は避け、軽い話題がいいでしょう。

ただ、彼の様子を見ながらあまり連絡をして欲しくなさそうであれば、早めに「またね」とメールを終わらせたほうがいいでしょう。

しつこく送っても彼に「うざい」と思われてしまいます。

復縁したい時のライン・メールの連絡内容や頻度
復縁をしたいときにメールやラインはどの程度の頻度で送ればいいのでしょうか?あまり送りすぎてもうっとうしく思われるだけですし、あまり送らなすぎ...

まとめ

別れた後少なくとも1ヶ月は自分から彼に連絡を取らないようにすることが、大切なポイントです。

彼に復縁したいという気持ちが伝わってしまわないように気を付けましょう。

復縁するためにはタイミングが大事ですが、外見や内面なども同時に磨いておくことが成功の鍵になります。

しっかりと自分磨きを行いながら、タイミングを待って復縁を成功させましょう。

元彼への誕生日メールで復縁に近付ける連絡テクニック
復縁したい相手がいるとき、悩むのは相手にどのタイミングで連絡するかではないでしょうか?付き合っていたころのように、メールを送るのは逆効果です...
※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<