離婚調停から復縁の可能性を上げる考え方8つ

ちょっとしたケンカが原因で離婚になった場合などは、その誤解が解けたり、気持ちが静まることで復縁の可能性は高くなります。

しかし、第三者が入る離婚調停になった場合、復縁は難しいものです。

しかし、可能性がゼロではありません。

離婚調停から復縁の可能性を上げる考え方を8つ、紹介しましょう。

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

お互いの本音を理解することができ誤解が解ける

離婚調停においては、なぜ離婚をしたいのか?離婚原因は何か?相手のことをどう思っているか?といったことをお互いに言い、そして聞くことができる場でもあります。

自分の本音を言うことができ、相手の本音も聞くことができます。

今まで本音で話し合っていなかった、ということも考えられます。

そのため誤解をしている場合もあるのです。

離婚調停の場で本音を聞き、伝えることで相手の気持ちが変わるかもしれません。

子どものことを話し合っていくうちに復縁できる可能性が生まれる

離婚調停の場では、当然子どもの話にもなります。

親は子どもの幸せを願うものです。

お互いが子どもの幸せについて本気で語り合ううちに、離婚をすることが本当に子どもにとっていいことなのか?ということをよく考え、離婚しない方がいいかもしれない、と考え直す可能性もでてくるでしょう。

調停委員を味方につける

離婚調停においては調停委員が二人の意見を聞き、中立の立場で意見を調整していきます。

ときには相手にアドバイスをしたりすることもあります。

その調停委員にいい印象を与え、味方になってもらうことで、相手に復縁のアドバイスをしてくれるかもしれません。

その場合、離婚したくないという思いや、相手の思いを受け止めるという意思、自分の反省点などをきちんと述べ、調停委員にいい印象を与えることが大事です。

誠意を見せることで相手の考えを変える

離婚調停はまだ離婚に至ると決まったわけではありません。

離婚調停では自分の考え方や思い、反省している点などをきちんと伝えることができる場です。

そこで自分の離婚したくない意思、理由、などを誠意をもって伝えましょう。

誠意を見せることで、相手の離婚への意思が揺らぐ可能性があります。

毎回きちんと調停に出席し、離婚をしたくない思い、謝罪の気持ちなどを伝えることで、相手の心象を変えることができるでしょう。

離婚調停で顔を合わせることができる

離婚をしたいと言われ、別居したりしている場合、会う機会も失っているケースもあるでしょう。

メールをしても返信がないなど、連絡を取ることもできず、話もろくにできない状態であることも多いものです。

それでは、自分が反省していることも、気持ちを伝えることもできません。

何より会っていなければ、気持ちはますます薄れていくものです。

しかし、離婚調停は相手と会える場です。

顔を合わせることができることは、まったく会っていないよりも気持ちが薄れていかないということでもあります。

相手と縁が切れていないうちは、復縁の可能性も消えていないと考えましょう。

気持ちが落ち着いてくる可能性がある

離婚調停をしている間は、まだ離婚に至っていません。

離婚についての話し合いをしていくうちに、相手の気持ちが変化する可能性もあります。

第三者に入ってもらい、気持ちの整理をしているうちに、相手の離婚への思いが薄れていくこともあります。

人の気持ちは変わるものです。

調停で話をしていくことで、相手の気持ちが静まり、復縁の道を考える可能性は少なくないでしょう。

まだ復縁を考えてもらう時間がある、と考える

まだ離婚をする、と決まったわけではありません。

離婚調停をしている間はまだ夫婦です。

離婚調停が終わるまで、またその後もチャンスはある、時間はまだある、と考えましょう。

焦ってしまうと、気持ちが先走って相手に本当の思いが伝わらなかったり、誤解をさせてしまったりすることもあります。

まだ時間はある、まだ離婚をしたわけではない、と考えることも大事です。

離婚をしても復縁の可能性はある、と考える

もし離婚調停で離婚にいたったとしても、その後の復縁の可能性がゼロになるわけではありません。

離婚をすることで、相手の生活環境も変わります。

本当に離れてしまうことで、気持ちに変化が現れる場合もあるのです。

時間と距離を置くことで、「やっぱり離婚しなければよかった」と相手が後悔することもあります。

離婚調停で離婚が決まっても、絶望的にならずに、時間の経過とともに復縁の可能性も大きくなるかもしれない、と考えるようにしましょう。

心に余裕を持つことも必要です。

まとめ

離婚調停になったからといって諦めの気持ちで調停に出れば、そのまま離婚になってしまいます。

離婚調停は自分の気持ちを伝えることができる場です。

離婚をしたくない気持ちを真摯に伝えることで、相手の気持ちを変えることができるかもしれません。

反省をし、今後の行動などを改めることを相手に理解してもらえる場です。

それをすることで、復縁できる可能性があると考えられます。

※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<