離婚を後悔して復縁できる離婚のパターン5つ

離婚をしてしまった後、やっぱり復縁したいと思うこともあるでしょう。

しかしなかなか復縁というのは難しいものです。

いろいろ考えた結果、離婚を決意すればなおのことです。

そうはいっても、離婚を後悔するケースもあります。

その場合は、復縁も夢ではありません。

離婚を後悔し復縁できるパターンというのは、どういったものでしょうか?

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

離婚の原因が夫婦のことではなかったパターン

相手の両親が原因で離婚

結婚生活を送る中で、舅や姑問題というのは大きいものです。

特に同居をしていると、うまくいかないことも多いです。

夫(妻)のことは嫌いになってはいないけれど、姑にはついていけない、と思うと結婚生活にピリオドを打ちたくなるものです。

しかし、結婚相手に問題がなければ、別れてしまうと相手への思いを再確認することも多いのです。

姑がいなければこんなことで喧嘩しなかった、こんなにイライラしなかった、と思っている場合、また両親の問題が解決した場合は、復縁しやすいでしょう。

兄弟のことも同じ

親だけではなく相手の兄弟に問題がある場合も、離婚原因となることがあるでしょう。

借金が多い、いつも問題を持ち込んできて自分たちの家庭をトラブルに巻き込む、などといった兄弟がいると、離婚を考えることもあります。

その場合も、トラブルを持ち込む兄弟のことが解決すれば、復縁できる可能性があります。

浮気が原因で離婚したパターン

浮気は許せない!と感情的になると離婚となる

基本的に浮気は許せないものです。

特に男性の嫉妬は大きく、妻が浮気をしたとなると社会における体裁も悪いし、プライドを傷つけられた、と感情的になります。

もちろん女性も自分以外の人を愛した、と思うと毎日顔を合わせることが嫌になり、相手への制裁の気もちもあり、離婚となるのです。

昂った感情は落ち着くもの

確かに浮気をされれば傷つきます。

しかし、その感情は一時的なものであることもあります。

特にちょっとした出来心でした浮気だったり、相手が心底反省をしていることが分かったりすれば気持ちも落ち着いてくるものです。

そのときに、一時の感情で離婚をしてしまったことを後悔するケースもあります。

子どもがいて離婚に至ったパターン

子どもを通して連絡を取る機会が増える

子どもがいれば、何かと連絡を取らなければならないケースも多いです。

子どものことを話したり、子どもと一緒に会ったりしていると離婚をしていたことを忘れてしまうような気持ちになり、やはり家族で一緒にいたい、と思うようになれば復縁となります。

冷却期間が家族を恋しくさせる

離婚後、連絡を取っていなかったとしても、子どものことがあれば連絡を取ることになります。

その時点で冷却期間があり、違った環境で生活することで相手のことを冷静に見ることができるようになり、離婚を後悔する気持ちになることがあります。

連絡を取る機会がなければ、そのまま気持ちも落ち着いてしまうかもしれませんが、子どもがいれば必ず連絡を取り合うことになるので、復縁する機会も増えるのです。

離婚後の生活が安定していないパターン

金銭的に不安定なケース

特に子どもを連れて離婚をした場合、経済的に不安定になることがあります。

何とかでもやっていけるようであれば乗り越えていけますが、子どもにつらい思いをさせてしまうと、結婚していた頃の安定した生活がよくなることもあります。

トラブルなどがあり精神的に不安定になる

仕事がうまくいかない、リストラにあいそう、実家の両親が病気になる、などトラブルや精神的に不安定になるとき、結婚していれば心強いものと感じます。

精神的に不安定になると、結婚していた相手のことを懐かしく思えるのです。

離婚後も気軽に連絡が取れるパターン

相手を嫌っていない

離婚をしていても気軽にメールができるなど、連絡を抵抗なく取れる関係の場合、復縁の可能性が高くなります。

メールをしても嫌がらない、抵抗がないということは、それを受け入れているということです。

もし、本当に顔も見たくないという思いがあれば、メールをする関係にはいたらないでしょう。

着信拒否をされる場合もあります。

はっきり、連絡はしてこないで、と言われることもあるでしょう。

決まった相手がいない可能性が高い

新しい相手がいれば、元妻や元旦那からのメールは快く受けたくないものです。

相手にも誤解されてしまうでしょう。

その場合は気軽にメールができる関係は築くことができません。

気軽にメールなどの連絡が取れるということは、決まった相手はいないということでしょう。

その場合、復縁の可能性もゼロではありません。

まとめ

現在では離婚を簡単にしてしまう夫婦も少なくありません。

一時的な感情で離婚となってしまうことも多いものです。

その場合、冷却期間があったり、原因が相手のことではなかったりするパターンでは少し時間を置くと、結婚していた生活を懐かしく、また魅力的に思えるものです。

そういったパターンの離婚は、復縁できる可能性も高くなるでしょう。

※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<