ドアインザフェイスで恋愛上手になる考え方

恋愛に駆け引きは付き物ですが、それは復縁を考えているときもおなじこと。

上手な駆け引きで恋愛上手になり、復縁の成功率をあげましょう。

そのテクニックのひとつがドアインザフェイス

譲渡的要請法とも呼ばれる心理学を用いたテクニック。

今回はこのテクニックで恋愛上手になる方法をまとめてみました。

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

ドアインザフェイスとは?

わざと難しい要求から伝える

ドアインザフェイスの名前の由来は、門前払いを意味する英熟語。

門前払いされるような要求を相手に提案し、断られたら要求のレベルを下げて相手に承諾させやすくするというテクニック。

例えば、5万円する商品を買って欲しいとします。

しかしいきなり5万円という金額を伝えても相手は高いと感じてためらいます。

そこで初めに10万円など、断られてもいい高い金額を要求します。

そこから本来の5万円という金額を伝えると、その金額が安く感じて受け入れ安くなります。

相手の罪悪感も利用したテクニック

最初の要求を断ったことで、相手には少なからず罪悪感が生まれます。

自分が悪いわけではないのに、「なんとなく相手に悪い」という気持ちが生まれたところに、最初より低い要求を伝えることで、「それならいいかな」と思いやすくなります。

相手も譲歩してくれたしという感覚も生まれて断りにくくなるのです。

このテクニックはビジネス交渉の場でもよく用いられます。

セールスマンなどに使われたことがある人もいるのではないでしょうか?

ドアインザフェイスを行うときのポイント

ドアインザフェイスの最初の要求は、断られることを前提として行います。

しかし、それがあまりにも大きいものだと、最初に相手に嫌悪感を与えて断られる可能性があります。

本来の要求と比べて、どのくらいに設定するのかが大切です。

また、あまりしつこく食い下がると相手の印象が悪くなります。

相手が本当に迷惑そうなときはそれを察して引くことをも重要です。

復縁にドアインザフェイスを応用する

恋愛にも応用可能なドアインザフェイス

ドアインザフェイスは恋愛の駆け引きとしても活用できます。

一番使いやすいのは相手をデートに誘うときでしょう。

例えば、相手と食事をしたいけれど普通に誘っても断られそうというとき。

最終目標は夜に相手と食事をすることとします。

そこで最初の要求は「1日デートしない?」というところから始めます。

食事も難しそうな相手からデートに誘われても断るのが普通です。

そこで「じゃあ昼からだったらどう?」「それもダメなら夜ごはん食べに行こう?」といったように要求を下げていきます。

何度も断ったという罪悪感や要求を下げられたことで「食事くらいなら」となり、承諾してもらえる可能性が高くなります。

ドアインザフェイスはリスクもある

恋愛テクニックとして応用できるドアインザフェイスも、万能というわけではありません。

まずこの方法でデートに誘った場合、相手が本当にデートや食事が嫌だと思うなかでの約束は後から断られる可能性があります。

その日にドタキャンということも。

「仕方なく約束した」という想いが強いと、このリスクが高くなるのは当然ですね。

さらに同じ手法を繰り返して行うと、相手に「またか」と警戒されるようになります。

使いどころを見極めるのもテクニックのうちです。

復縁に活用するときのポイントは?

相手と友達に戻るために使う

別れたあと、なかなか友人としても連絡しにくくなることがありますよね。

そこでドアインザフェイスを活用します。

まず「良かったら復縁してほしい」と伝えます。

もちろん、この段階では断られる可能性が高いです。

そのあとに「そうだよね。それだったら友達として、これからも遊んだりしよう」などと伝えることで、相手に「友達ならいいかな」と思わせやすくなります。

相手との距離を縮めるきっかけになりますし、相手に自分の好意を伝えることもできます。

あまり深刻に最初の復縁を迫ると、相手に警戒される可能性もあるので「もしかしたらまだ自分を好きなのかな?」と思わせるくらいの、少し軽いノリくらいがちょうどよいかもしれません。

会う約束をするために使う

友達としてやり取りをするようになっても、会う機会がなくこちらから誘う場合もドアインザフェイスが使えます。

やはり相手が友達としてでも会うのに抵抗があるようであれば、最初に「二人で食事でも」と高い要求をします。

そこで断られてから「じゃあ、みんなで行こう」と要求を下げることで、承諾を得やすくなります。

しばらくして関係性が良くなってきてから、今度は二人での約束にドアインザフェイスを活用しましょう。

相手の好みを織り交ぜながら

ドアインザフェイスで約束をするときに、相手の好きなことも取り入れると効果的です。

例えば相手がイタリアンが好きだとします。

最初は普通に食事に誘い、要求を下げたときに「そういえばイタリアンが好きだったよね。新しくできたお店があるから行ってみない?」とさりげなく伝えます。

自分が好きなものなので行ってもいいかなと思いやすくなりますし、自分の好きなものをちゃんと覚えているんだと好印象を与えることができるでしょう。

まとめ

ドアインザフェイスをうまく使うと恋愛テクニックが上がります。

復縁をしたいときにもうまく取り入れていきましょう。

ただし、やり過ぎると相手にしつこいと思われる可能性もあるため、引き際を見極めることも大切になります。

※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<