パーソナルスペースで男性心理を刺激し好意を持たせよう

別れた男性と復縁したいからといっても、ただアピールするだけでは効果的ともいえません。

そこで取り入れていきたいのが心理テクニックです。

そのなかで元彼との距離感を見極め、復縁に役立てることができるのがパーソナルスペースです。

目には見えないパーソナルスペースですが、誰しもが持っているものです。

今回はパーソナルスペースとはどういうものかを考えながら、復縁に役立てる方法をご紹介します。

まずは、あなたの復縁の可能性を診断します!

こちらは、あなたの復縁の可能性が、どれくらいあるかを自己診断できるツールです。

簡単な復縁に関するクイズに答えるだけで、あなたの復縁成功の可能性を診断します。

パーソナルスペースとは?

自分を中心とした相手との距離

まず、そもそもパーソナルスペースとはなんでしょうか?簡単に言ってしまえば相手との距離間、他人に入られたくない自分の領域を指しています。

自分を中心にした物理的な相手との距離で、この空間には無意識のうちに縄張り意識をもっています。

関係性によって変わる、基本は4種類

パーソナルスペースの広さは個人差があり、相手によってもその距離感が変わります。

もっとも狭い、相手との距離が近いのを密接距離といいます。

だいたい0㎝~15㎝。

ここまでくると心を許した恋人との距離感です。

次に個体距離といわれる45㎝~1.2m。

中の良い友達などが入ることが許される距離です。

知人くらいになると大体1.2m~3.5m。

社会距離と呼ばれるパーソナルスペースになります。

もっとも広いのは公共距離の3.5m以上。

大衆に対しての領域です。

分類すると難しそうに感じるかもしれませんが、要は親しい人ほど自分の近くにきても不快感がないということです。

踏み込まれると不快感を覚える

自分のパーソナルスペースにいきなり踏み込まれると、人は不快感を覚えます。

顔に出なくても内心ではイライラしてストレスを抱えたり、露骨に不快感を示したりします。

パーソナルスペースは心の信頼度によって変化するわけなので、距離が近くても嫌がられないということは相手がそれだけ自分に心を許していることになります。

男女で異なるパーソナルスペース

男女によるパーソナルスペースの違い

パーソナルスペースは男女にとって傾向が異なります。

女性は自分を中心に円形の領域を持つのにたいし、男性は縦の楕円形に領域を持つ傾向にあります。

特に前方を広めにとります。

前から近寄ると警戒されるけど、横からだと割と平気な男性も多いです。

また、基本的に男性は女性よりもパーソナルスペースを広めにとる傾向があります。

個人差もある

もちろん個人差があり、社交的な人や明るい人はパーソナルスペースが狭いけど、内向的でおとなしい人は広くとっている傾向があります。

パーソナルスペースが狭い人のなかには元恋人だから近寄られても平気という人もいます。

このような男女差、個人差を理解しておくと復縁の駆け引きにも利用できます。

復縁にパーソナルスペースを役立てるポイントは?

最初はパーソナルスペースに踏み込まない

恋愛の駆け引きとして、相手のパーソナルスペースに入って意識させるという方法があります。

しかしこれはある程度近づかれても嫌ではない相手に有効です。

親しくない相手にいきなり距離を詰められると警戒する男性もいます。

復縁の場合、一度は親しい関係であっても別れた状態です。

恋人の距離感のパーソナルスペースに踏み込むのは避けたほうが良いでしょう。

密接距離に入るのはさけ、45㎝は距離を取るのが無難。

男性の場合、前方に広くパーソナルスペースを取るので、正面で向き合って話す場合は少なくとも60㎝ほど距離を取ると良いでしょう。

横から近づく

恋愛テクニックで正面から近づき関係を深める方法がありますが、一度別れて距離を取られている状態では横から近づくほうが自然です。

パーソナル距離が狭い横に立って話をする、食事でも隣に座ると良いでしょう。

横からのほうが相手に居心地の悪さを与えにくく、再び相手との距離感を近づけるのに役立ちます。

パーソナルスペースで相手の心の距離感を知る

自分から近づいた場合

関係性がある程度修復され、相手と親しさを取り戻していったら、復縁に向けて距離を縮めていきます。

相手と距離を詰めたとき、目をそらされたり距離を取られたりしなければ、そこまでの距離は入っていいということです。

別れてすぐは踏み込めなかった密接距離まで入っても、相手が嫌がらないのであれば復縁に向けて脈アリだと考えられます。

パーソナルスペースが広い正面から近づくと分かりやすいです。

相手から近づいてきた場合

男性から今までより近づいてきた場合、相手の好意を知る重要な材料になります。

自分から近づいてくる場合、自分が嫌な距離までは近づきません。

今までよりも近づいてきたということは、心を許してきたということです。

普段から距離感を観察する

パーソナルスペースは個人差があるので、近ければかならず相手が自分を好きということにはなりません。

相手にとってのパーソナルスペースがどれくらいかを知る必要があります。

普段から相手がほかの人とどんな距離感で接しているか観察しておくと、相手のパーソナルスペースを把握しやすくなります。

そこから自分との距離感がどれくらいなのかを判断しましょう。

まとめ

復縁に向けて、相手との距離感を知る手がかりとなるパーソナルスペース。

人によって広さは異なるので、相手がどのような性格かを考えながら活用してください。

適度な距離感を取りながら、復縁に向けてパーソナルスペースを縮めていきましょう。

※初回無料の復縁占い

あなたの復縁の悩みを人気の復縁占いで解決しませんか?

雑誌やメディアでも有名な占い師が、あなたの為だけに鑑定結果をメールでお届けします。

初回のご利用は無料なので、是非復縁占いをお試し下さい。

>> 初回無料で占う <<